SSD-IP

SSD-IP製品情報

SSD-IPカメラ

  1. HD-CVI監視システム

    □3C-2V同軸ケーブで300m配線が可能で、配線工事のコストを抑えられる。
    □LANケーブで250m配線が可能で、配線工事のコストを抑えられる。
    □映像の遅延がなくライブ画像・再生画ともに鮮明である。
    □ネットワーク監視システムよりコストパフォーマンスが高い。
    □機器の設置や保守が楽である。

  2. HD-AHD監視システム

    □3C-2V同軸ケーブで300m配線が可能で、配線工事のコストを抑えられる。
    □LANケーブで250m配線が可能で、配線工事のコストを抑えられる。
    □映像の遅延がなくライブ画像・再生画ともに鮮明である。
    □ネットワーク監視システムよりコストパフォーマンスが高い。
    □機器の設置や保守が楽である。

  3. ネットワークカメラ監視システム

    □LANケーブルを1本で配線ができ、端末の処理も簡単である。
    □システムによっては、映像、音声、電源、制御信号などを1本のケーブルで伝送できるのでシステムが組みやすい。
    ▲以前に比較すると最近ではローコストの商品が増えております。
    ▲DVRの開発も進みローコスト化が進でいる。
    ■他のシステムと比較するとコストが高くなる。

SSD-IP監視システムの流れ

HD-CVI/AHD/TVI監視システムとは

HD-CVI/AHD/TVIはアナログカメラのベースとなるコンポジット信号を拡張したような規格でフルHD画質を実現すると共に、HD-SDIで課題であったS-5CFBから3C-2Vケーブルでの配線が可能となり大きく配線コストと共に機器のローコスト化も実現しました。
そして、LANケーブルでも250mの配線が可能です。 ネットワーク監視システムで使用されているカメラ、NVRなどは比較的高いですが、HD-CVI/AHD/TVI機器はコストパフォーマンスが優れています。 HD-CVI


このページの先頭へ